本を読む女性

ストーリーを描くことが成功へのカギ

商品やサービスを成功させるためには物語が重要であるということが言われています。
とはいえ、人の心を惹きつけるようなストーリーを商品やサービスに描くということは誰にでもできるものではありません。

実際に成功している人がどのようなことを考えて、実際にストーリーを展開しているのかということを知ることは、自分自身がストーリーマッピングをしていくためにはとても重要になってきます。
そこで、今現在、上手にストーリーマッピングができていないという人は、ストーリーマッピングの手法について学ぶ機会を設けたり、実際にストーリーを描いている人がどういったストーリーを描いて商品を販売したりサービスを提供したりしているのかということを知ることが必要です。

「ストーリーマッピングをはじめよう」

「ストーリーマッピングをはじめよう」という著書は名前の通り、ストーリーマッピングを行なっていくためにどのようにストーリーを組み立てていくのか、実際に商品を手に取ってもらうためにどういった伝え方をしていくのかということが記されています。
つまり、本を読むことによって商品やサービスを実際に手に取ってもらうためにはどのようなストーリーを組み立てていくのか、そしてこれから商品を製作するにあたってどのようなストーリーのあるものを開発すれば良いのかということを知ることができるのです。

実際、商品を手に取ってもらうためにはストーリーがなければ人の心をつかむことができないということが書かれています。
テレビ番組でも、商品でも本でも、ホームページでも、その中にストーリーがありそれが相手に伝わらなければ人間というのはその商品やサービスのことを理解することができないのです。

そこで、相手にしっかりと正しくストーリーを理解して提供したい商品やサービスについて知ってもらうことが必要であり、そのためにはきちんと組み立てられたストーリーが必要になります。
ストーリーというのは、計画的に、そして意図的にマッピングをすることが必要です。

ただ、思いつきのままに話しても相手にはその商品の良さは伝わりません。
伝えるためには情報を簡潔に絞りストーリーをまとめていくことが必要となっていくのです。

著書の中ではこのストーリーを組み立てていくためにストーリーマッピングの原則となることが書かれています。
目的を達成するためには、どのようにキャラクターを設定するのか、そして目的をどこに絞るのか、ストーリーの展開にはどういった流れが必要なのかということが書かれており、具体的にストーリーが出来上がるまでに考えるべきことが順序立てて書かれているのです。

そのため、最後まで読めばストーリーの組み立て方が見えてきますし、今までのストーリー展開の問題点が明確になります。
商品を販売する際に正しく相手に情報が伝えられていない、自分の思っている内容が伝えられていないと思う人は、本を参考にストーリーマッピングをし直してみましょう。
自分の課題が明確になり、今後のマッピングに大きく役立つようになります。