書籍

七つの習慣とは

日本中どこの書店に行ってもあると言われているくらい知名度が高い本の中の一つが七つの習慣です。
この本は最近では若い人向けに書き換えられた解説書が発行されたことでも注目されています。

タイトルを聞いたことがあるという人はとても多いのですが、その内容までは十知していない人も多いです。
とはいえ、知っておくと日常生活や仕事で役立つ情報がたくさんあります。
そこで、ここでは七つの習慣に書かれている内容について紹介をしていきます。

七つの習慣というのは1989年にアメリカのブリガムヤング大学の教授であったスティーブン・R・コヴィーによって著された書物です。
現在までに44ヶ国語に翻訳されて世界で3000万部、日本でも180万部を売り上げたという伝説的な記録を持った本でもあります。

この本の中では、アメリカが建国から200年間に成功を収めた人たちの調査を行い、その人たちの特徴をまとめています。
そのため、単純に仕事で成功をしている人がどのような生活をしているのか、どういった考えを持っているのかを知ることもできますが、それだけでなく仕事の進め方や人間関係の作り方にも応用することができるのです。

七つの習慣で重要なこと

七つの習慣で最も重要なことは効果性とインサイドアウトという考え方です。
効果性というのは本当に得たいと思う成果を得続けることであり、インサイドアウトというのは自分の内側が外面に影響を与えているということです。
つまり、著書の中で最も重要なこととして、自分が変わりたいのであれば人のせいにするのではなく、自分の内面を変えなければならないということが言われています。

七つの習慣を得ることによって内面を変えることができ、世の中で起きる事象をコントロールすることができるようになり、成功を収めることができるようになるのです。
そのため、成功をしたいと思うならば、きちんと本を読んで実践することが重要ですし、人の意見に耳を傾けることも重要です。
それができなければ読んでも習慣づくことはないですし、成果を出すこともできません。

具体的に取り組むべきこと

習慣として取り組むべきことが七つあるために、七つの習慣という本が書かれています。
自分の内面を変えるためには、主体的に取り組むこと、終わりを思い描くことから始めること、最優先事項を優先すること、win-winを考えること、理解に徹し理解されること、シナジーを創り出すこと、刃を砥ぐという七つの習慣を身につけることが重要であると書かれています。

肉体的なことや精神的なこと、社会的情緒や知性的なものといった四つの面で自分のことを変えていく必要があります。
それは決して簡単なことではないですしすぐには習慣としてみにつきません。
そのため、反復して日々自分を見つめ直すことが重要であり、それを繰り返すことができれば成功することができるのです。