ハート型

心が折れてしまう場面

誰もが人生の中で心が折れるという経験をしたことがあるものです。
心が折れた瞬間というのは人によって様々で、何かを失敗した時や練習しても上達しないとき、好きな人に振られた時など、人によってその瞬間は違います。

同様に、そのような中で心が折れた経験の頻度というのも人によって違うものです。
例えば、人生の中で心が折れた瞬間はたった一度であるという人もいれば、朝早起きすることが辛くて心が折れて寝坊をしたというような人もいます。
このような心の折れる度合いの違いというのはどこから生まれてくるのでしょうか。

心が折れることは誰でもあること

心が折れるというのは、本来の意味では自分の気持ちを相手側に曲げるということや譲歩をするということでした。
それが最近では心の支えがなくなることやくじけること、意欲を失うことを意味するようになりました。

誰でも心が折れるということはあります。
失敗をした時や、身近な人や物を失った時など、心が折れるシチュエーションというのはあるものです。
大事なことは心が折れないようにすることではなく、心が折れた時の立ち直り方にあると言えます。

心が折れやすい人の特徴

心が折れやすい人にはいくつかの共通した特徴があります。
例えば、ネガティブ思考であったり、すぐに白黒決めたがったり、他の人を認められなかったり、身勝手であったり、考えで極端であったりします。

これらの思考が決して悪いことなわけではありません。
しかし、こういった考え方をすることで世界を狭めてしまうことが多いのは事実です。

こういったことを克服するために心を強くすることはとても有効です。
ストレスにも強くなりますし、何かあったときにもすぐに対応することができるようになります。

心が強い人は対応策を知っている

心が強いと聞くと、一見何にでも動じないメンタルの強さを思い浮かべがちです。
しかし、心が強いというのは無神経であったり打たれ強かったりするのではなく心が折れた時の対応策を知っていることが理由としてあります。

例えば、早く回復することができるのは、対処方法を知っていたり状況を改善するための方法を知っていたりするためです。
心が折れる事件があっても、そこですぐにリカバリーをするために行動する手段を知っているから、悩むのではなくすぐに気持ちを切り替えて行動をすることができるのです。

また、意味を上手に翻訳する力も持っています。
失敗をしたことばかりに焦点を当てるのではなく失敗したことに理由を見出して次につなげることができるのです。

他にも努力を継続して行うことができるというのも特徴にあります。
心が折れるような失敗しないため、一夜漬けでどうにかしようとせずに万全の対策をとることができるのです。

また、心が折れた時の対処法を知っているという人も多いです。
とりあえず思う存分誰かに話を聞いてもらったり、泣いてスッキリしたりと気持ちを切り替えて次につなげる技術を持っているという人も多くいます。